ストレスを溜めずに行う便秘解消

便秘には実は様々な要因があって、ストレスからくる便秘はだいたいけいれん性便秘によるものが多いようです。
ずっと便が出ない、お腹が張ったり、お肌が荒れてきたり、太ったりといった風に体にも様々な支障が出てきます。
それだけでもかなりのストレスがかかる事でしょう。

最初は職場の人間関係や仕事のストレスが原因での便秘だったのが、だんだんそれ以外の要因もプラスされてさらに便秘が悪化していく事も考えられます。
便秘になることによってそのストレスも倍増していくと余計にストレスが増えていくばかりです。
ここで一つ大切なポイントとしては、もし毎日便通がなくてもそれは便秘ではないという事です。

毎日しっかり便通がある人、もしくは2,3日に1回でもしっかりした便通がある人は便秘とは呼べません。
それでもダイエットのためには毎日便通がないと悪いと思い込んでいて、下剤や市販の便秘薬に依存してしまう方が危険です。
こういった行動を取ってしまう人は、何等かの精神的なストレスを抱えているのだと思います。

ストレスというのは自律神経の交感神経が優位な状態になって筋肉や血管が収縮してしまう症状なので、日々の生活の中でゆったりとお風呂に浸かったり、リラックスできる音楽を聴いたりして副交感神経を有利な状態へ持っていくように気を付けたり、ウォーキングや軽い運動、ストレッチをして筋肉をほぐしてあげながら血液の流れをスムーズにケアしてあげる事が大切です。
また睡眠不足でも自律神経が狂ってくるので、便秘解消のためにも睡眠は毎日充分にとってあげながら心身共に疲れない体を目指していって下さいね。
お風呂上りにゆっくりとストレッチhttp://www.bobfilnerforcongress.com/sutorextuti.htmlを行い体をリラックスモードにするとぐっすりと眠れますよ。