一日の始まりである朝食から行う便秘解消

腸に朝起きて便秘解消を促すための信号を送るのに一番効果的な方法は、まず朝起きてすぐにコップ1杯の水もしくは冷たい牛乳や烏龍茶などを飲む事です。
これで腸内が空っぽの状態に胃・結腸反射という信号を送る事が出来るので、ぜん動運動を促しやすいのです。
http://www.militarygolfcourseguide.com/suibunnhokyuu.htmlにもかいてありますが、寝ているとき人間は汗をかいていますので、朝起きてすぐに水分を補充してあげることはとても大切なことなのです。

ぜん動運動を促す信号を送るといった事以外でも、飲料や食物に含まれる水分は大腸で便へと吸収されていくので、便通を良くするために便を柔らかくするためにも朝起き掛けの水分補給は大変重要なポイントです。

日本人の昔からの食生活の習慣として、朝ご飯にお味噌汁や浸け物を食べる習慣がありますが、みそや漬物といった発酵食品には乳酸菌が含まれているので腸の働きを促すにはもってこいの食べ物だったのです。
アメリカやヨーロッパでは朝よくヨーグルトを食べるようですが、このヨーグルトにも乳酸菌が豊富に含まれているので、腸内の働きを活性化させるのには欠かせない食品です。
腸内の働きを活性化させるためには善玉菌を優位にする事が大事なのですが、そのためにはプロバイオティクスやプレバイオティクスを摂取するのが効果的です。

プロバイオティクスには、乳酸菌、ビフィズス菌、酵母菌があって、具体的な食品としてはヨーグルト、チーズ、漬物、みそ、納豆,塩麹などの発酵食品なので、朝食を食べない人やパンだけといった風に偏った朝食の人は、是非発酵系の食品を毎日の朝食に取り入れながら腸内環境を整えてあげて下さい。
http://health20dallas.com/bijinnhada.htmlでも詳しく解説されていますが、大豆製品に含まれているイソフラボンという成分には優れた美容効果があるため、便秘解消と美容効果を一度に実感できます。
このように朝摂取する物によって便秘解消につながっていくのです。