妊婦さんに優しい便秘解消の漢方

妊娠中に便秘に悩む人ってすごく多いようですが、妊娠中はそう無理な運動も出来ないし、下剤や市販の便秘薬を安易に使用するにはお腹の胎児への影響が心配です。
でもあまり便を溜めこんでおくのも、腸内に有害なガスや老廃物といった毒素が溜まっていくので、それも放っておくと胎児には悪い影響を及ぼしてしまいそうです。
そんな時にお勧めなアイテムが、漢方を用いた便秘解消法です。

妊婦さんが便秘になった時に活用していく漢方薬も、元々妊娠前から便秘がちだった人と妊娠してから初めて便秘になった人とでは活用する漢方薬も分かれているようです。
妊娠前から便秘がちでいつも便秘薬を飲んでいた人には、麻子仁丸や潤腸湯、桂枝加芍薬大黄湯などが良いようです。
麻子仁丸と潤腸湯は下剤を含むので、即効性があります。

さらに腸管を潤す植物性の油脂を含んでいるので、しつこい便秘に大変効果が高いのです。
便秘薬に体が慣れている妊婦さんは、このような効果の高い漢方薬の方が効き目が高いようです。
妊娠して初めてこれになったという妊婦さんには、当帰建中湯や当帰芍薬散、桂枝加芍薬湯がお勧めです。
当帰建中湯には体を温める効果があるので、新陳代謝を促進させる作用があります。
妊婦は体を冷やすと悪いので、こういった温薬は大変助かりますね。

当帰芍薬散には、腎機能を強化したり血行促進効果が期待出来ます。
妊娠中は特にむくみやすく代謝も滞るので、こういった効能があると腸内の毒素もしっかりと排出していけそうです。
このように漢方薬でもそれぞれに使う人に合わせた処方があるので、しっかりとそれぞれの性質を理解しながら自分の体調に合った漢方薬を活用していって下さい。